このサイトについて

お立ち寄りくださって、ありがとうございます。
こちらのサイトでは、パソコン上で無料で遊ぶことのできるゲーム(フリーゲーム)の紹介などを
中心に、のんびりと書かせていただいています。
少しでも喜んでいただけたら、本当に嬉しい限りです。

【最近ご紹介した作品】
ラブ&レターズ』(中編ダンジョン探索RPG/いずみ様製作/RPGツクールVXRTPが必要)
姿を消した幼馴染の彼女を追って、世界中を駆け回るRPG。
倒した魔物をどんどん仲間に誘って魔物図鑑を完成させよう。

迷子の人形』(短編ファンタジーRPG/幾山アカリ様製作/WOLF RPGエディター作品)
どこかの廃屋で目覚めた主人公の少女。左手には謎の義手が付けられていたが、
記憶が無いのか事情が全く呑み込めていない。プレイする人の想像に訴えるところの多いRPGです。

(最終更新日:8月19日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-08-19 22:08 | 雑記

お味噌汁ときゅうり

お味噌汁にきゅうりの輪切りを入れて食べる。
昨夜のテレビできゅうりが体にとてもいいとやっていて、
この食べ方を紹介していらしたので早速やってみました。
なんでもシトルリンという成分が血液の流れをよくして、血栓ができにくくしてくれるのだとか。
まだまだそんなことを心配する年齢でもないとは思いますが、
最近はむしむしと大変暑いですから、汗も普段よりもかきやすくなって、
その分だけもしかしたら血液の流れが滞っているということもありうるかもしれませんし。

具材はきゅうりだけにしたので、作るのはとっても簡単。
お味噌汁に入れたのはこれが初めてだったので、どんな仕上がりになるのか楽しみでした。
きゅうりの輪切りはお味噌に混ざっても「THE きゅうり」って感じて、とても自己主張してきて、
目をつぶって食べてもそれだと分かるお味でした。
逆に肝心のお味噌汁のほうは、きゅうりに含まれていた水分が流れ出してしまったせいか、
大変水っぽい感じになってしまって、お世辞にもおいしいとは言えないような出来上がりでした。
きゅうりって、九割ぐらいが水分でできているっていうらしいですね。
なんていうか、きゅうり味の温野菜スープを飲んでいる感じでしょうか。お味噌の味、あまりしなかった。
このスープにきゅうりの栄養が溶け出していると思って、ありがたくいただきました。

ちなみにツイッターで知ったのですが、今日8月19日の誕生花もきゅうりだそうです。
花言葉は、「洒落」ということです。

(最終更新日:8月19日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-08-19 22:08 | 雑記 | Comments(0)

「ラブ&レターズ」(姿を消した幼馴染の彼女を追って世界中を駆け回るRPG。倒した魔物を仲間に誘いながらダンジョン探索)

ラブ&レターズ



制作:いずみ様
必要ツール:RPGツクールVXRTP
ジャンル:ダンジョン探索RPG
プレイ時間の目安:6~12時間程度(1周目クリアまで。周回プレイ可能)



故郷の村から姿を消した幼馴染の女の子を探して、世界のあちこちを旅してまわるファンタジーRPG。
ただし、いなくなったとはいっても、主人公の青年セツナのもとには、
彼女からの近況と所在を知らせる彼女直筆の手紙が定期的に送られてきます。
手紙に書かれた場所に行っても彼女はすでにおらず、また別の手紙が送られてきて、
その手紙に書かれた場所に行ってもまたおらず・・・。セツナはもうそんな生活を、半年近くも続けていました。
彼女がなんでそんな不可思議なことをしているのか、それはちょうど10数年前から
突如として世界中に発生し始めた魔物たちとも関係があるのだとか。

倒した敵が時々仲間になってくれるシステムが特徴的で、楽しいです。
一部のボスキャラを除いて、登場するほとんどすべての敵を仲間にすることができますので、
なかなか仲間になってくれない相手でも何度も、何度も繰り返し戦ってみて、
全ての仲間モンスターをコンプリートしてやるぞぉ!って意気込んで遊んでみるのもありかも。
といっても、仲間にできるモンスターは全部で200体以上もいて、完全制覇は本当に容易じゃないですけれど。

ゲーム中に遭遇したモンスターの名前や特色を確認できる「魔物図鑑」もあって、
最初は空欄だったところがゲームを進める中でずらぁっと埋まっていくと、ちょっとした満足感に浸れますね。
「魔物図鑑」以外にも「道具図鑑」や「武器図鑑」、「防具図鑑」など全部で4つの図鑑が完備されています。
それぞれでゲーム内で入手したアイテムが記録されていきますから、
全部の図鑑で達成率100%を目指したい!なんて人はとことんまで燃えちゃうかも。
戦闘中はShiftキーを押しっぱなしにすることで処理速度を上げることができますので、
連続して戦ってもさほど苦にはならないかなと思います。

ゲームの難易度は細かいところまでやり込んだりせずに普通に楽しむ分には、
そこまで難しくはならないでしょうか。どちらかというと後の方から仲間になるモンスターのほうが
強い傾向にあるみたいなので、新しいモンスターが仲間になったら、よほど愛着があったりなど
特別な理由がない限りは、どんどん早めに入れ替えていった方が楽になるかも。

最初から所持しているアイテム「旅人の羽根」はいわゆるドラクエでいうキメラの翼みたいなもので、
使用回数も無制限なので、積極的に使っていくと冒険がかなり楽になります。洞窟の中でも使えて、
今まで行ったことのある街にワープできるので、使い勝手が良くて非常に便利です。

(最終更新日:2017年8月14日 初掲載日:2017年8月14日)




[PR]
# by f-tukiko | 2017-08-14 20:48 | ●RPG【VX】

「迷子の人形」(左手には義手、記憶喪失の不思議な女の子が北を目指す短編RPG)

迷子の人形



制作:幾山アカリ様
必要ツール:特に無し(WOLF RPGエディター作品)
ジャンル:ファンタジーRPG
プレイ時間の目安:90分程度



ほろ苦くて切なげだけれど、とっても雰囲気の良いゲーム。穏やかな調子のBGMや、
時折挿入される絵本のような一枚絵がそのような感じにさせるのでしょうか。
どこかの廃屋で目覚めた女の子の主人公でしたが、少女の左手には義手が付けられていて、
記憶喪失なのか名前も覚えていない。「迷子の人形」というこのゲームのタイトルと女の子の様子が
重なって見えて、いろいろと想像が膨らみます。眠りから目覚めたばかりの彼女は、
まるで彼女の中に眠っていた潜在的な意思に導かれるかのように、
とある場所に行くことを心に決めてそちらへと歩んでいきます。

色々なところにアイテムが隠されていますから、探しながら進めると後々きっと役に立ちます。
拾ったアイテムの中で「野ばら」というものが結構たくさん見つかって、回復アイテムとしても使えるけれど、
お店に売るとこれが結構いいお金になります、無くても回復に困ることはありませんから、
どんどんお金に変えていくと攻略がかなり楽になります。
最初のダンジョンには何の下準備もなしに飛び込むと大変ですが、
街の人のアドバイス通り、お店で装備品をきちんと整えてから臨むと簡単です。

戦闘時には武器にもなる義手。必要な素材が集まっていれば性能の高いものに改造することもできるので、
積極的に改造を試していきましょう。両手に義手を装着すれば、二回連続攻撃も可能に。
私は基本的に、直接攻撃だけのごり押しでずっと進めていました。
義手ではなくて「義足」はちょっと攻撃力が劣るけれども、今度は全体攻撃ができるようになるので、
序盤の大勢出現する雑魚相手には、上手に使い分けたりできると便利だと思います。
逃走確率は100%らしいので、逃げてもいいですけれど。

主人公のレベルを少しあげると敵寄せの魔法を使えるようになるので、経験値稼ぎも簡単でした。
一番てこずったのはラスボス戦。仲間のクラウスが主人公の能力を一ターンだけ超強化させる能力を
序盤で習得していたので、それをラスボス戦で初めて使って、その抜群の効果にときめく。
序盤から上手に使っていれば、レベル上げもそこそこに、もっとスマートにクリアできたのかも。

後半の塔のダンジョンの入り口の答えは、スタート地点のお墓の文字や町の人の会話などから推測できます。
ゲーム内で登場する固有名詞を片っ端から入れていってもできるとは思いますが。
クラウスの名前をパスワードとして入れた時の,、彼の反応が面白かった。
あとは、クラウスと一緒にベッドインする際のイベントとかね。意外とこういった小イベントがそこらに
時々用意されてあったりするので、寄り道をしながら探してみるのも楽しいです。

(最終更新日:2017年8月13日 初掲載日:2017年8月13日)




[PR]
# by f-tukiko | 2017-08-13 18:35 | ●RPG【ウディタ】

八月に入りました

先週の終わりぐらいから、ジー、ジーというセミの鳴き声を急に意識するようになってきました。
セミはあまり気温が高くなりすぎると鳴かない、というお話を聞いたことがあります。
この頃はほとんど毎日のように高温注意情報が出ていて、本当にうだるような暑さが続いていますけれども、
もしかしたらセミは、人間には分からない季節の変化の機微を感じ取って、
涼しい夏がすぐそこに近づいていることを本能的に察しているのかもしれませんね。

近所の子供らが背丈ほどの浮き輪を両手に持って、公営プールまでジグザグに歩いていく夏休み。
冷えたスイカのしゃりっとしたお味に、癒される季節です。

(最終更新日:8月2日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-08-02 22:14 | 雑記 | Comments(0)

日に日に夏らしく

向夏の候、何々……という時候の挨拶を知りました。
夏に向かっているこの頃の季節という意味ですから、今時分の時期だと
いくらか用いるには遅いのかもしれませんけれども、
でも最近はもう日に日に日差しが強くなっていって、いよいよ夏も本番!という感じになってきました。

書店でお目当ての本を探したのですけれど、悔しいかな、申し訳ないかな、
作者のお名前を正確に覚えていなかったので、とうとう見つけることができなかった。
谷川俊太郎さんを探していて、『細雪』を手に取っていたら冗談抜きでダメでしょ、私。
今度はしっかりと名前をメモして、できれば次の金曜日にまた同じ書店へ行ってみます。
もちろん『細雪』も素敵な作品ですが、こちらはすでに母のお古を持っていますので。

この頃は、天気の流れがなかなか読めないですね。本を選んでいる最中に夕立のような土砂降りの大雨が
ザーと降ってきたのも、早々に書店巡りをやめた理由の一つ。
一応でも折り畳み傘を持っていたのでよかったと、つくづく思いました。
大雨が降りやんだ後の街は湿度も一気に上がって、じめじめと蒸し暑く、まるで天然のサウナのようでした。

(最終更新日:7月26日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-07-26 22:24 | 雑記 | Comments(0)

であるかですますかであるか

イストワールのプレイ日記を続けていますけれども、文章のほうを「ですます体」で書いたほうがいいのか、
「である体」で書いたほうがいいのか迷っています。「ですます」のほうは丁寧な響きが好きなのですけれど、
あまりですます、ですますと重ねすぎるとちょっとくどくて説明臭いような感じもして……、
また「である」の場合は色々と語尾に変化を付けられて抑揚を持って書きやすいですが、
これも続くとぶっきらぼうで冷ややかな印象すらします。

それこそ小学生の頃の作文の授業の時からどちらかに統一して書くようにとしつこく言われてきましたから、
一つの書き方で始めたらずっとそれで最後まで書いていくというのが原理原則なんだとは身に染みていますが、
ことブログの文章を書く際にはもう少し柔軟になってもいいかと、今更になってですが意識してきました。
ネットで調べてみると、「ですます体」と「である体」を同一作品の中に混在させて
大変感じよく使い分けていらっしゃる人で、小林秀雄という方の文章が紹介されていて気になっています。
ぜひ明日にでも本屋で手に取ってみたいです。
あとですます調一本の方でも、谷川俊太郎の文章は様々な「ですます」の形のバリエーションに富んでいて、
勉強になるところもたくさんありそうです。谷川俊太郎、実はまだ読んだことがないので楽しみです。

(最終更新日:7月23日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-07-23 21:30 | 雑記 | Comments(0)

「訪販君」(営業成績一位を目指して張り切る新卒の男の子が主人公の訪問販売SLG)

訪販君



制作:ゲンダイ様
必要ツール:RPGツクール2000RTP
ジャンル:訪問販売シミュレーション
プレイ時間の目安:10時間程度~



訪問販売をテーマにしたシミュレーションゲーム。今春大学を卒業して、子供向けの学習教材を扱う
訪問営業の会社で働くことになった主人公の男の子(名前は「ほうはん」。変更可)。
社会人生活の荒波にもまれながら、先輩社員や同期と競い合って、営業成績第一位を収めることができるのか?
まずは電話でのアポイント取りから始まって、アポが取れたらお客の家庭に実際にお邪魔して
その場で商品のデモンストレーションをして契約を勝ち取るといった具合に、
段階を追って訪問販売の雰囲気をシミュレートしながら楽しめるユニークな作品です。

お客との交渉はRPGの戦闘画面のような形式で行われます。こちらの余力がゼロになる前に、
相手をなるべく早く説き伏せることがとにかく大事なので、一番大切なステータスは
ゲーム内では「デモ力」と呼ばれる数値です。また契約成立まであと一歩のところまで行っても、
一番最後に四択の選択肢から適切なものを選ばないとダメなので、これがまた難しい。
選択肢の答えのバターンは一定していないのでしょうか。
背景とお客のシルエットの組み合わせとかで何か法則が探せるかも?

ほかの社員の話を聞けば一件が百万ぐらいする大きな商品もあるらしいので、
昨日今日社会人入りを果たしたばかりの未熟な新人がそうそう簡単に売り込めるものではありません。
序盤で何とか契約成立に辿り着けそうなのは、一番最初に先輩社員と一緒に出掛けた一軒ぐらいかも。
そのあとは何度も断られる日々が続くかもしれないけれども、それでもめげずに繰り返して
ステータスを高めていくことが大事。社内にいるほかの社員たちと会話のやり取りをする中で、
ステータスがアップしたり、お客との交渉の際に使える折衝技のようなものを教えてもらえたりもするので、
なるべく積極的に話しかけておくに越したことはないと思います。

お客を行動不能にするカリスマトークのスキルを教えてもらえると、デモ力が低くても何とかなりそう。
また、ネガティブな発言ばかりしている人は悪い影響をもらって、
かえってステータスが下がったりすることがあるので、なるべくそういう人には近づかないほうが良いのかも。

最後の四択まで追い込めるようになって、契約が決まりだすと楽しい。
セーブとリセットを繰り返して、運も強引にこちらに引き寄せながら、
好成績を収めることを目指してこつこつと進めていってみましょう。
たくさん契約を決めていくと役職を与えられて(平社員からリーダー、主任、係長といった感じに)、
周囲の人の反応も敬語口調になったりと色々と変化が見られるのも面白いです。

(最終更新日:2017年6月29日 初掲載日:2017年6月29日)




[PR]
# by f-tukiko | 2017-06-29 21:57 | ●SLG系