「ROMANCE」(孤島に暮らす4人組の少年たちが夢を追って大海原に旅立つロマン溢れる王道ファンタジー)

ROMANCE



制作:サワハト様
必要ツール:RPGツクール2000RTP
ジャンル:ファンタジーRPG・王道
プレイ時間の目安:5~7時間程度



へんぴな島の片田舎に暮らす青年たちが、占い師の予言をきっかけとして雄大な冒険の旅に出る。
落ち着いたテンポでコツコツじっくりと楽しめる、ファンタジーRPGです。

個人的にこの作品の面白いところは、その世界観にあるかなと思います。
例えば「天変地異」とか「神様の怒り」とか、そういった人知を超えた強烈な力で
世界が海の底に沈んでしまう、みたいなお話はよく聞いたような気もしますが、
この作品の場合はその辺りの設定が全く逆。海の底に沈んでしまうのではなくて、
それまでは沈没していた世界が何かの拍子に浮かび上がってきて、
それにともなって行動できる範囲も増える、という設定が面白く感じました。

ゲームの最初のほうのとある町で「世界地図」を売っています。序盤の時点ではそれなりに高級品ですから、
多少割高に感じるかもしれないですが、先のことを考えたら、これはぜひとも買っておくべき。
フィールド上で世界地図を開くと、最初は地図の大半の場所が海で、大陸の部分はわずかにしか
表示されていないのですが、あるイベントを境目に世界地図の中身も書き換えられていて、
それまで何も無かった場所に新たに別の大陸ができているのは、ちょっとした感動モノでした。

ゲームは一番最初のほうから、最大の四人パーティーを組んで進めることができるので、
攻略面での負担は少なめかと思います。最初の村で手に入れた軍資金をさっそく使って、
お店で売っている「魔法書」を購入して、僧侶に回復魔法を覚えさせてあげるとひとまずは安心
(魔法はお店で「魔法書」を購入して、それを仲間に使用することで覚えていきます)。

あと少し変わった遊び要素として、マップ上を歩いている時にキーボードのシフトキーを押すと、
それぞれの攻略時期に応じた仲間たちどうしの会話が聞けるというものがあります。
このゲームの主人公は、普段のイベントや村人たちとの会話などでは全くセリフを発したりすることは
ありませんが(所謂ドラクエ式の「はい・いいえ」型)、シフトキーを適度に押していると
普段は聞けない主人公のセリフを聞くことができるので、賑やかに楽しむことができます。
またこれらのセリフの中には、次の行き先の情報や、攻略のヒントなども含まれていることもあるので、
普段からこまめに押すことを意識しながらプレイされてみると、ゲームの攻略が楽になるかなと思います。

(最終更新日:2014年12月21日 初掲載日:2011年1月26日)




[PR]
by f-tukiko | 2011-01-26 20:33 | ●RPG【ツクール2000】


<< 「魔王宅急便」(魔王様からの宅... 「人魚の願い」(人間の王子に恋... >>