このサイトについて

お立ち寄りくださって、ありがとうございます。
こちらのサイトでは、パソコン上で無料で遊ぶことのできるゲーム(フリーゲーム)の紹介などを
中心に、のんびりと書かせていただいています。
少しでも喜んでいただけたら、本当に嬉しい限りです。

(最終更新日:2月7日)



[PR]
# by f-tukiko | 2018-02-17 22:43 | 雑記

男子フィギュア見ました

四回転は複数種類を跳んで当然、その他の種類のジャンプや要素もほぼほぼ完ぺきに
詰めていかないと上位は狙えないという、レベルの高い試合になりましたね~。

今回の五輪の男子フィギュア。とっても見ごたえのある内容で、
非常に楽しみながら応援していました。
いい感じに日本選手が、一位と二位におさまって。
三位のフェルナンデス選手の軽快な三銃士も、二位の宇野選手のトゥーランロッドも、
トリノの荒川選手などとはまた全然違ったイメージでこれはこれで良かったのですけど、
やっぱり今回ばかりはここに至るまでのいろんなエピソードで共感しちゃってましたから、
羽生選手に金をできれば取って欲しいとは思っていました。何が何でも勝ってやるぞって、
迫力と執念のこもった陰陽師はテレビ越しにも圧巻でしたよ。

(最終更新日:2月17日)





[PR]
# by f-tukiko | 2018-02-17 22:43 | 雑記 | Comments(0)

五輪もうすぐ!

ピョンチャン五輪が楽しみ。日程を見ると、開会式に先立ってもう明日から、
ジャンプの男子ノーマルヒル予選や、フィギュアスケートの団体の予選が始まるみたいですね。
早速録画しました。観戦する準備はばっちりです。

ピョンチャン(平昌)といえば、冬ソナのスキー場のシーンのロケ地、ぐらいの認識だったの
ですけど、最近はテレビでオリンピック特集をたくさんやってくれているので、
いろいろ情報を仕入れることが出来ています。ソウルにも結構近いところにあるんですね。
車で数時間の距離だとか。人気のリゾート地だそうですね。
地図で見ると、経度は日本の新潟辺りとあまり変わらないようですけど、
現地の映像を見ると寒さは厳しいけど雪は少なそうな感じですよね。
なんでだろうと思っています。

(最終更新日:2月7日)




[PR]
# by f-tukiko | 2018-02-07 22:40 | 雑記 | Comments(0)

「GOD DRAGON」(邪竜の復活を食い止めるため星から星を旅する王道ファンタジー)

GOD DRAGON



制作:武尊様
必要ツール:RPGツクールXPRTP
ジャンル:ファンタジーRPG
プレイ時間の目安:30~50時間程度



地球、魔星、暗黒星という三つの惑星を舞台に展開されるダイナミックなお話。
邪悪なドラゴンの復活を阻止して、世界の破滅を防ぐことを最終目的に、あちこち駆け回ります。
戦闘で経験値を稼いで、こつこつレベルを上げながらじっくりと物語を進展させていく感じで、
中にはなかなか凶悪な敵もいたり、頭を使う謎解きもあったりして、
ゆるゆるとやりごたえを感じながら長時間楽しめるかなと思います。

スタート時に、主人公も含めたゲーム内で仲間になる四人のキャラについてのキャラメイクを行います。
変更できるのは、名前と、グラフィック(見た目)と、職業。
特に職業をどれにするかは、ゲームの難易度に直結してくるのでかなり重要かも。
個人的には、武器による攻撃よりは、魔法攻撃のほうが敵に与えるダメージが大きいですし、
燃費(MPの減少量)も少ないように見えましたから、魔法使い系の職業の人を多めに作っておいた方が
後々の攻略が楽になるかなと思いました。最初に覚えるスキルも、断然魔法使い系のほうが使いやすいですし。

必殺技やスキルなどは、人から伝授してもらったり、お店で購入したりして覚えるので、
それぞれ頑張ってそろえてみるのが結構楽しい。
倒した敵を戦闘で呼び出して召喚獣として戦わせる「召喚士」や、
敵の特殊能力をコピーすることができる「研究者」等はそれこそスキルを集めるのが面白くて頑張りました。
召喚獣の一覧は説明書のほうに記載されているので、全部習得するまでやり込んでみるのも楽しいです。

(最終更新日:2018年1月28日 初掲載日:2018年1月28日)




[PR]
# by f-tukiko | 2018-01-28 21:53 | ●RPG【XP】

今年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

三が日は過ぎましたけれど、テレビとか見ていると、気分的にはまだまだ
お正月の延長みたいな感じがしますね。今日は撮りためていたビデオをちょっと見て、
高校バレーを見て、のんびりと過ごしていました。お正月の黒豆が残っていたので、
サラダに混ぜて食べてみましたら、これが美味しい。遠目にはレーズンみたいで
いろどりも決して悪くはないし、少し塩気もあるのでご飯が進みます。

(最終更新日:1月7日)




[PR]
# by f-tukiko | 2018-01-07 21:05 | 雑記 | Comments(0)

プレイの記録をつけてみることに

プレイ日記のカテゴリのところを寝かせたままにしておくのももったいない気がしていましたので、
今度は今進めているフリーゲームのプレイ状況の記録のようなものをつけてみようかな、
なんて思って、書いてみることにしました。どちらかというと備忘録的な感じで、
あまり文章を飾らずにシンプルに記載していくことになるかと思います。
今年の秋ごろに紹介させて頂いた「あか~い旅日記」様の三姉妹の冒険』という作品を
つい始めたところですので、しばらくはこちらを扱うことが中心になります。

(最終更新日:12月18日)




[PR]
# by f-tukiko | 2017-12-18 21:29 | 雑記 | Comments(0)

基本的には今は暇ではないけれど

今年一年の確認の意味も込めてということで、今年中にこのブログで紹介させて頂いた
フリーゲームのタイトルを改めてチェックしています。
データが手元にないものについてはダウンロードしてきて、記憶があいまいなものとかは
当時のことを思い出しながら再度プレイし直したりもしているのですが、
最初は軽くチェックするつもりだったのがいつの間にかどっぷりのめり込んでしまっていて、
ゲームクリアやゲームクリア直前まで進めてしまっているものの多いこと。
年末のこの忙しい時期、他にもいろいろとやるべきことはあるのに、
こういったことに決して少量とは言えない時間を割いていていいのかしら。ああ、幸せです。

ベクターを見ていたら、何か「ざくざくアクターズ」の最新版が公開されたそうです。
一年前ぐらいに遊んだっきりで、私の記憶の方もいい感じに薄れてきたころかなと思うので、
そろそろまた最初からやってみたらきっと新鮮な感じで楽しめそう。ぜひやってみたい・・・。
でも、この作品は多分一度始めたらクリアまで最低100時間はかかるであろう、
と~んでもない時間泥棒の子。手を出していいものかとしばし葛藤したあと、
結局ダウンロードすることにしました。ダウンロード終了まであと1時間ちょっと。楽しみです。

(最終更新日:12月17日)




[PR]
# by f-tukiko | 2017-12-17 21:12 | 雑記 | Comments(0)

「サンベリーナと大きな左手」(簡単操作の横スクロールアクション)

サンベリーナと大きな左手



制作:111様、ノラ様、礼門Z様
必要ツール:DirectX7以上(アクションエディター4作品)
ジャンル:2Dアクション
プレイ時間の目安:30分程度



童話の『親指姫』っぽい名前の女の子サンべリーナが主人公の、簡単操作の横スクロールアクションです。
左手の形をしたゴーレムと一緒に暮らしていた彼女でしたが、あるとき左手君の相棒の右手君が
いなくなってしまったので、サンべリーナと左手君とで一緒に右手君を探しに出かけることに。

ステージをクリアするたびに、謎のウサギ小屋にウサギが一匹ずつ増えていって、
最後はぎっしりの状態になるのが楽しい!何で捕まえる必要があるのかは知らないけれど、
そもそもウサギの持っている「あれ」って何なのかしら?次の目的地までの地図とかそういった類のもの?
最終的にウサギたちは月に帰ろうかな、なんて言い出し始めるけれど、帰るあては何かあるのかな。
ゴーレムに乗せて運んで行ってあげれば・・・。一度に全部となるとちょっと重量オーバーかもしれないけど、
右手と左手の二台に頑張ってもらって、交互に往復してもらうとか。

アクション操作のほうはとってもシンプルでなじみやすい。Zキーを長押しでダッシュ、Xでジャンプ。
敵の上にジャンプしてふんずけてしまうことで、ダメージを与えて倒すことができます。
落とし穴に落ちたり、逆に敵にふんずけられたりして失敗しても簡単にやり直すことができるし、
コンティニュー回数にも制限はなさそうなので、終始気楽に楽しむことができました。
(私、結構たびたび失敗して何度もリトライしました~!
コンティニュー回数が限られていたら、私には結構悔しい思いをしそうな場面もあったかも!
ありがとうございました)

なお、追加ステージに行くためには、それぞれのステージを丁寧にやり直して、
しっかりスコアを稼いでやる必要はあるけれども(ハイスコア4000点以上が目安)、
そのころまでにはアクションの操作のほうもかなり上達していると思うので、
やっぱりそれほど苦労はせずに進むことが出来そう。
ちなみにハイスコアは全部のステージの合計なので、一つのステージだけを何度も繰り返しても、
ハイスコアの面ではあまり意味はないです(私はこれに気づくまで結構時間がかかった)。

サンべリーナが結構毒づいた感じの発言もしたりするので、可愛らしいとかそういう感情は
あまり抱きにくかったですが、ラストはしんみりと結構物悲しい感じで、
余韻たっぷりな終わり方にほんのり感動。
オリジナルの親指姫とはお話はまた全然違うようですけれど、こちらも悪くないですね。

(最終更新日:2017年12月4日 初掲載日:2017年12月4日)



[PR]
# by f-tukiko | 2017-12-04 20:45 | ●アクション